筥崎宮へお参り~名越大祭(茅の輪【ちのわ】くぐり)




筥崎宮で名越大祭があっていました

茅の輪ちのわ】があります

調べるまで読み方わからず・・・(笑)茅ヶ崎の「ち」ですね

茅の輪ちのわ】 とは

6月30日の六月祓(みなづきはらえ),夏越の祓(なごしのはらえ)に用いるチガヤの輪で,スゲで作ったものは〈すがぬき〉ともいう。 チガヤを束ねて輪の形に作り,これを参詣人がくぐれば病災を免れるという。《 備後(びんご)国風土記》逸文に見える武塔神の説話に由来するとされている。

wikiより

くぐり方があるようです

風鈴が綺麗でした

【夏越祭/茅の輪くぐり】

6月と12月に行われる大祓(おおはらえ)と呼ばれる除災行事で、6月の大祓を夏越の大祓といいます。この時に茅草(かやくさ)で作られた「茅の輪」をくぐる事によって半年間の罪穢(つみけがれ)を祓います。 この起源については「蘇民将来の神話」に基づくものと考えられ、「旅の途中で宿を乞うた武塔神(むとうのかみ=素戔嗚尊すさのおのみこと)をもてなした蘇民将来に対し世に疫病が流行ったならば、腰に茅の輪をつけていれば疫病から免れる事ができると教えた」との故事に由来しています。
くぐり方は「水無月の夏越しの祓する人はちとせの命のぶというなり」という歌を唱えつつ、左回り・右回り・左回りと8の字を書くように三度くぐり抜けます。この神事を通して、心身ともに清らかになり暑い夏を乗り越えてあとの半年を新たな気持ちで迎えます。
筥崎宮では、毎年6月30日に大祓式を執り行い、7月末の土日(旧暦6月末)に夏越祭(茅の輪くぐり並びに千度祓い)を斉行いたします。

歌は唱えてないけど、

書いてあるとおりにくぐってきました

こんなのあるんですね~

そういえば愛宕神社でも茅の輪がありました

病災を免れますように!!



にほんブログ村 その他日記ブログ 脱サラ日記へにほんブログ村 その他日記ブログ 40代女性日記へにほんブログ村 その他日記ブログ ひとりぼっち日記へ





シェアする

フォローする