神棚の榊


神棚いろいろ




守護神とのコンタクト

自分の守護神で最初にコンタクトが取れたのは

宗像大社の市杵嶋姫命様(イチキシマヒメ様)

で日本神話に登場する女神で、宗像三女神の一柱です

それから1年余り、沢山のご縁をいただき、今ではかなりの守護神についていただいております。(ゆっくりお話ししていきますね)

守護神を祀るための神棚

占い師になるまでは、仏壇には手を合わすことはあっても、神の存在にはあまり興味がなく(バチ当たり・・・)神棚もありませんでした

元の性格が現実主義なせいもあるかもしれません

信じるものは現実=現実は原因があっての結果、みたいな思考回路です

それはビジネスをやる面では必要な思考回路ですが、

目に見えない存在から助けられる事は確実にある

と今は思います

会話していますからね

守護神や亡くなった方と対話するうちに見守っていただいている存在を確信し自然と感謝するようになり、「ないとまずいだろ」と思い神棚を設置しました。

お供え物や掃除をしたら「ありがとう」と言葉をいただけたりします。(人間みたい)

榊(さかき)とは

山林に自生するつばき科の常緑亜高木。古来、神木として、枝葉を神にそなえる。古くは、(神域に植える)常緑樹の総称です

榊はやはり本物派!

神棚にこんな感じでありますよね。

ここ半年くらい母が入院したりで体調悪そうだったので頻繁に実家に帰省したり、月1回は数日県外の神社に参拝したりと自宅を空ける事が多かったので、戻ると枯れていたり、水も不衛生になったりで、逆に失礼かなと思ったので、

生の榊ではなく水を交換する必要のないこういう榊を使っていました。

これはこれですごく便利です

お手入れ不要の枯れない榊

守護神からの啓示

出雲大社や伊勢神宮、厳島神社・その他の守護神様関連の神社(他県含む)など一通り行った時に

「一通り行ったからこれからはそんなに詰めて行かなくても良い」

とお言葉をいただきました

続けて

「生の榊をあげてほしい」とも

ですよね(笑)

やっぱり本物の生きているものがよりいいですよね

早速、お花屋さんに行って買ってお供えしました

喜んでいただけて本当に良かった

今日もありがとうございます。感謝いたします。

にほんブログ村 その他日記ブログ 脱サラ日記へにほんブログ村 その他日記ブログ 40代女性日記へにほんブログ村 その他日記ブログ ひとりぼっち日記へ





シェアする

フォローする